今日、できることをやろう。


未来のために「今日できること」を、一緒に考えていくマーケティングパートナーです。

LIFTについて

LIFTは「LIVE FOR TODAY」の頭文字で、意味はそのまま「今日を生きよう」です。


情報が溢れ、トレンドが日々移り変わり、働き方も求められる能力も急速に変化していく中で、企業は、過去に固執しすぎても、未来を考えすぎて足元がおろそかになってもいけないという、難しいバランスの中で常に判断・決断を急かされています。


決断を急かされるというのはイヤなものです。しかもそのときの判断が正しかったかどうかは、未来から過去を振り返らないかぎり分かりません。でも、変化の速度は増すばかりで、「本質は変わらない」とうそぶいたところで、その本質を体現するための術(すべ)は時間の経過とともに常にかたちを変えていきます。


LIFTの本棚


目まぐるしい変化の中にある現代で、5年後の”今”を、5年前の自分が正確に捉えていたという人は稀でしょうし、その予測精度自体にはあまり意味がないような気もします。確かなのは、世の中の多くの変化は突然変異のように起きたわけではなく、日々と判断の積み重ねによるものだということです。


日々の判断の積み重ねを答え合わせする場が未来にしかないんだとしたら、分からないなら分からないなりに、少しでも現時点で確証めいた手応えを掴みながら進みたいというのが、多くの方の本音ではないでしょうか。「地図ではなくコンパス」という言葉は、そんな現代的な空気をうまく言い当てていると思います。


LIFT Records


LIFTは、「今日の時点での確証めいたもの」を一緒に考えていくパートナーです。地図ではなくてコンパスなので、常に揺れ動いていますし、言葉にするとはなはだ曖昧で不安定ですが、現実と仕事に誠実であろうとすると、そんな感じではないかと思っています。


このアイデアが合っていたかどうかを未来で検算するために、お客さまとともに、未来と地続きである今日を丁寧に過ごしていきたいと考えています。いい意味で未来予測を裏切れるような、そんなお仕事をみなさまと積み重ねることができれば幸いです。

LIFT合同会社 代表取締役 岡田吉弘

サービス

SERVICE
コンサルティング事業
○ デジタルマーケティング支援、アドバイザリー、研修支援
○ 業務ワークフローの策定支援、分析・レポート支援
○ KPIに基づく有料施策、無料施策の導入支援
○ 業務支援システム、パートナー選定支援
運用型広告代理事業
○ 運用型広告の業務改善、構築代行
○ 運用型広告の最適化支援・運用支援